金融投資商品の時代はFXから日経225自働売買システムで勝ち組トレーダーに資産が増えるスピードが格段に速い!!

投資はFXから日経225先物へ 勝ち組投資家に

 


ズバリ勝てる投資は、日経225先物だ!!


投資で思い浮かぶのは「株」


小額の運用資金で短期的に利益を狙いたいに人は株投資は向きませんね。

その理由をあげると
  1. レバレッジが掛けられない
  2. 限られた資金の個人投資家にとって、資金効率が非常に低い。
  3. 銘柄選びが大変
  4. 何千もの銘柄から選ぶことは多くの時間と労力が必要
    銘柄の特徴を把握しなけらばいません。
  5. 倒産リスクがある
  6. 個別株の場合、投資した会社に倒産などのリスクが潜んでいる
  7. 買いポジションからしか取引できない
  8. 株式の場合、当然買いからしかポジションをもてない。
    現状の経済の先行きが不安のなかでは上昇株を見つけるのは困難。

以上の事から投資ビギナーには株式投資はお勧めできません。

そこで、個人投資家に有利な金融商品は

「日経225先物」「日経225ミニ」を推奨します

株式投資(個別株)やFXではなく
「日経225先物」「日経225ミニ」を投資商品としてお勧めする理由は

「日経225先物」「日経225ミニ」は

株式投資(個別株)やFXに比べてダマシが非常にすくない。

比較的規則的な値動きでトレンドが読みやすい。

是非、証券会社で「日経225先物」「日経225ミニ」取引が可能な

口座開設をお薦めします。
初心者でも稼げる「日経225先物」とは?

日経新聞が東京証券取引所一部上場会社の中から「225社」を選び、

一つの集団として株価を指数化したものが「日経平均株価」なのです。

この「日経平均株価」を対象とした

株価指数取引が「日経225先物」です

また2006年7月より、資金が限られた個人投資家でも

少額の資金から取引が出来るようになったのが

「日経225ミニ」です。


以前は「日経225先物」は機関投資家などのプロが取引する市場で
資金に余裕がある投資家しか参加できませんでしたが
「日経225ミニ」の登場とネット証券の普及もあり証拠金も手数料も
安くなり、現在はおおくの個人投資家が参加しています。

一昔前は「先物」と聞くと「危険だ!」との認識でおおきな損失を
出したかたも多くおられましたが、

インターネットの普及に伴い、個人でも正確な情報を得られ。
手数料も大幅に安くなり簡単に注文が行えるようになっています。

この今の環境で

「日経225先物」日経225ミニ」を

使わない手はありません。

世界中を見てもこれほど優れた金融商品はありませんね。
又 取引時間も大阪証券取引所に準じ大幅に拡大しイブニングセッションはお勤めの方には非常に便利になっています。

前場9:00〜11:00 後場12:30〜15:10

イブニングセッション16:30〜23:30

他の金融投資商品にはないメリット
「日経225先物」カンタン基礎講座


  1. 銘柄選びが不要
  2. 日経225先物取引は、1銘柄(日経225先物)のもなので投資効率が極めて高い銘柄です。時間をあまりかけられない方にも十分取引可能。
  3. 倒産リスクが少ない
  4. 日経225先物取引は225社の集まりなので
    たとえ1社が不祥事などのマイナス材料がでてもリスクは最小限に抑えられる。
  5. 売りからでも取引可能
  6. 投資の視点から見た場合、景気が下がることを気にする必要も無く、逆に利益を獲得チャンスでもあります。
  7. 短期間でお金が増やせる
  8. 日経225先物の最大のメリットの一つとしてあげられるのがレバレッジ効果の高さです。小資本で大きな資金の取引が出来る為ハイリターンが期待できる。

お金が増えるスピードが格段に速い!!それはなぜ可能か?
「日経225先物」取引には、証拠筋制度が在るから!
この制度は代金の一部を預けるだけで高額な取引が可能となる制度です。

この証拠筋制度により、
100円の値動きで100,000円もの金額を手にすることができます。

「値動きの金額×1,000倍した金額」

「日経225先物」取引の売買単位は 1枚、2枚と数えます
たとえば2枚で取り引きしていれば、100円の値動きで、利益も倍の200,000円となります

例えばトレーダーズ証券の場合は1枚取引に必要な証拠金は
48万円
(20年9月1日現在)

又、「日経225ミニ」の場合、10分の1の48,000円となり、
当然、損益も10分の1です

例 :「買い」 1枚 注文の場合

現在日経平均が 13,000円だったとします

今後、今の価格より上がると考え、

1枚「買い」注文しました。

その後思惑どおり価格が上昇し、13,150円の時点で

利益確定の「売り」注文をすれば

その差額が150円が利益となります。

実際には 150円×1000=150,000円の利益になります
(手数料は除く)
(日経225ミニの場合は 150円×100=15,000円の利益)

文章での説明では今一理解できなかった方の為の
初心者でもよくわかる日経225先物&日経225ミニ動画セミナー
日経225ミニセミナー NO 1
日経225ミニセミナー NO 2

大阪証券取引所から松尾郁也氏が先物取引の未経験者や初心者を 対象に、
「日経225ミニ」の基本的な仕組みや魅力についてわかりやすくご 説明しています。

「日経225先物」&「日経225mini]が
優れた金融投資商品であることがお解かり頂いた処で


クリック証券日経225

 


 

TVチャンピョン 遠藤和博の愛犬しつけ法

サイト管理人のツブヤキ

Mac、Adobe製品、本、タバコなどを安く買う方法!「NAVERまとめ」で、色々なものを安く買う方法および裏技が紹介されている,Macは、Appleのサイトにある「整備済製品」というコーナーで安く買える。整備済製品とは、店頭商品や初期不良品などを新品並の水準に整備したものだ。Adobe製品は、放送大学の科目履修生になることで安く買える。Adobeが定めた対象教育機関の学生・生徒や教職員には特別価格で販売してくれるのだ,タバコは、韓国の「Nicejp.com」というサイトで日本のタバコも含め安く買うことができる.何の世界でも裏技があるもので色々探してみるとモットお得なサイト・ショップがあるかも。ユニクロの商品を驚異的に安く買う方法は「nanapi」というサイトで